記事

2021.10.22

新グループ「ゾルディック家」レンタルデッキ紹介!【第2弾】

  • LINE

『HUNTER×HUNTERアリーナバトル』をプレイいただきありがとうございます。

10/22(金)より開催の「ゾルディック家」先行プレイで使用できる、新グループ「ゾルディック家」のレンタルデッキを紹介します。

レンタルできる「ゾルディック家」のデッキは2種類あり、今回紹介するデッキは、「針人間」です。
※もう1種類の速攻&隠密デッキはこちら

針人間デッキとは

画像

針人間デッキとは、盤面に針人間を召喚するカードを中心に編成したデッキです。
盤面に針人間を多数召喚し、相手に継続的ダメージを与える点が特徴です。対局時、より多くの針人間を召喚することがポイントになります。

・針人間デッキの特徴

針人間は自分のターン終了時相手にダメージを与えるカードになります。
盤面に居続ければその分ダメージも増えていきます。他の召喚カードと異なるのは、ひっくり返されると相手を回復してしまうデメリットがあるという点です。
針人間は数で勝負する能力ですので、上手く使ってデメリットを避けましょう。

画像

序盤に低GPコストの「A ゼブロ 試しの門番」の能力で手札を捨てて手札を回すことや、「B カスガ 検証材料」や「S ツボネ お局執事」の能力で、針人間を召喚するキャラカードとアクションカードを確保することをおすすめします。
低GPコストのキャラカードの中でも「A ゼブロ 試しの門番」「B キルア 英才教育」は戦況によっては中盤でも活躍できるカードです。

画像

中盤以降は「S イルミ 操縦者の囁き」「SS イルミ 致命の針」で針人間を召喚し、相手に継続的にダメージを与えましょう。
「SS ゴトー 誇り高き執務」はひっくり返したキャラカードの枚数分追加ダメージを与えるフィニッシャーカードとなります。

画像

「SS イルミ 致命の針」と相性が非常にいいアクションカードです。
また、使用後さらにアクションカードを1枚手札に加わえることができるので、「隠密」の連続発動にも助力できるカードになります。

画像

特定のGPコスト以上のカードを引くことができるカードで、1ターンのみATK上昇という制限はありますが、終盤になるほど使いやすくなるカードです。
さらに「隠密」のカードを引くことができれば、そのまま発動可能になります。とても高いポテンシャルを持つカードといえるでしょう。

画像

このカードはコンボスキルが無い代わりに、自分のターン開始時まで盤面に残っていれば、デッキの上から3枚の中にランダムで戻り、ATKが上昇します。
使えば使うほど強くなる特殊なカードです。また、針人間デッキの中で唯一「速攻」を持つカードなので、「S ツボネ お局執事」の能力で必ず手札に加えることができます。
どのような攻め方をするのか、対局の状況で切り替えることも可能です。

いかがでしたでしょうか?アクションカードと隠密コンボが重要な針人間デッキは、現在開催中のバトルイベントにて先行プレイできます!
※開発中のためカードの内容は変更になる可能性があります。ご了承ください。

■開催期間:2021年10月22日(金)12:00〜2021年10月29日(金)22:59

是非、針人間デッキを使ってイベントに参加してみてください!
今後とも『HUNTER×HUNTERアリーナバトル』を宜しくお願いいたします。

運営一同

コメント

- 記事をシェアする -

  • LINE

おすすめ記事

ランキング