記事

2020.06.30

チームアリバトレター【第四回】

  • LINE

「HUNTER×HUNTER アリーナバトル」をいつもプレイしていただき、ありがとうございます。

アリバト運営チームより、第四回チームアリバトレターを配信させていただきます。

本チームアリバトレターは、プロジェクトの現状と今後についてご報告いたします。

このレターを通して、運営の意図や取り組みについて少しでも知っていただけたら幸いです。

キメラアントグループ登場

先日発表となりましたが、新たな勢力となる「キメラアントグループ」が遂に登場します!

キメラアント編はアニメ『HUNTER×HUNTER』でも人気のエピソードで、登場を待っていた方も多いのではないでしょうか。

今回のアリバトレターでは、このキメラアントグループをメインにお話します。

キメラアントグループについて

キメラアントグループは、メルエムやネフェルピトーをはじめとする、キメラアント側のキャラクターたちで構成されたグループです。

このグループは、作中でも印象的だった暴力的で驚異的な強さをアリバトに再現するため、カードの特徴として以下のような傾向を持たせています。

  • カード単体のATKが他グループより高め。
  • コンボダメージが低い。

こちらは、キメラアントの「個としての凶暴性」を再現したものになります。登場時の圧倒的な力をアリバトで体感してほしいという狙いです。

コンボが繋がらなくても高いダメージを出すことができ、キメラアントの強さを体感してもらえるのではないかと思います。

逆に、コンボダメージが低いため、いままでのグループとは異なる盤面での立ち回りが必要になります。

また、この基本的な特徴に加え、キメラアントグループらしい能力として「交戦」「貪欲」という2つの新能力が登場します。

交戦について

「交戦」は、敵が強いほど強くなる、真っ向勝負をしかける攻撃的なキメラントの特徴を体現した能力です。

この能力は、相手の盤面にATK◯◯以上のキャラクターがいる場合に、追加ダメージ等を与えます。

相手のカードが強ければ強いほど、自分にも恩恵がある仕組みです。

この条件を満たすほど戦いは有利になりますが、そのために相手にATKの強いキャラを場に出させる必要があります。

相手がATKの高いキャラを持っているとは限らないため、キメラアントのカードの中には相手のATKをUPする能力を持ったカードが存在します。

このカードはGPの低いカードに設定されているため、序盤は相手のATKをあげながら場にATKの高いカードを配置させ、バトルの中~後半で「交戦」を持ったカードを出していくというのがこの能力を軸にした戦い方になります。

又、いままではキャラのいるマスをめくってコンボを繋げさせないことが、優位になるために必要な行動でしたが、「交戦」の場合は、相手の場にATKの高いカードを残すことも重要な立ち回りになります。

貪欲について

もうひとつの特徴として、メルエムの他を捕食して強くなる印象を体現した「貪欲」という能力が存在します。

場に自分のGP◯以下のキャラカードがいる場合に、それを取り除いて特殊効果を発生させる能力で、まさに捕食して強くなる能力を盤面で再現しています。

「貪欲」の効果を発動させる場合、捕食対象になるGP1以下のキャラカードを場に配置し、かつ相手にめくられないように立ち回る必要があります。

「SS メルエム:この世の頂点」では、捕食したキャラカードのATKすべてを上乗せするため、捕食対象のカードのATKをあげておくことも重要になります。

又、捕食対象のキャラを2体生み出す「SS 女王:キメラアントの女王」を使用すると、貪欲の発動条件を満たしやすくなります。

どれもキメラアントらしい能力になっていると思いますので、是非手に入れて体験してみてください。

このようなキメラアントグループの使い方については、YouTubeのアリバト 公式チャンネル「出張!アリバトの酒場」や、公式サイト「アリバトの酒場」でも解説していますので、是非ご参考にしていただけますと嬉しいです。

キメラアントデッキを構築するために

キメラアント追加にあわせて、前回のG.I.プレイヤー追加時と同様に追加記念ログインボーナスが行われる他、今回は新たにTwitterのRT数に応じてハンターコインが入手できるキャンペーンを実施中です。

また、1日10連引けるデイリーボーナスガチャでは、キメラアントグループの確率が高く設定されてますので、毎日回してキメラアントグループのカードを手に入れてください。

討伐隊について

今回はキメラアントグループについてご説明しましたが、気になるのはやはりナックルやシュート、ネテロなど、討伐隊のメンバーについて気にされている方も多いと思います。

こちらについても現在鋭意製作中ですので、また続報が準備でき次第ご報告いたします。

カードバランスの調整について

最後に、カードバランスの調整についてご報告します。

後攻GPの修正、めくった際のダメージ量修正とルール側の調整をいままで行ってきましたが、現状のバランスを加味して、個別のカードバランス調整を行います。実施内容は以下です。

バランス調整の対象となるカード

287期受験生

▼SS ハンゾー 怒りの拳

・変更前:緑7

・変更後:緑6 / 無1

マフィアンコミュニティー

▼SS ヴェーゼ サディスティック女王

・変更前:黄5

・変更後:黄4 / 無1

▼S 絶対時間

・変更前:黄8

・変更後:黄6 / 無1

※絶対時間によって生成されるカードのGPも同様の調整が入ります。

▼S 死で償え

・変更前:黄7

・変更後:黄6 / 無1

幻影旅団

▼S 派手に殺れ!!

・変更前:紫2

・変更後:紫1 / 無1

G.I.プレイヤー

▼SS ゲンスルー 爆弾魔

・変更前:青4

・変更後:青3 / 無1

▼S ゲンスルー 両手を同時爆破!!!

・変更前:青5

・変更後:青4 / 無1

▼SS 大天使の息吹

・変更前:青9

【効果】自分の合計GPが9、10のとき発動できる。受けたダメージを一息で治してくれる。

・変更後:青7 / 無1

【効果】自分の合計GPが8、9のとき発動できる。受けたダメージを一息で治してくれる。

 

こちらのカードバランス調整は「7/31(金)」に実施を予定しています。一ヶ月先になりますが、対応をお待ち下さい。

個別のカードバランス調整についてはお問い合わせも多く、お待ち頂いてた方も多いのではないかと思います。

今回は、後攻GP変更に伴って単色カードのデッキへの採用率が想定より低い傾向のあるカードに対して調整を行います。

無色のGPを混ぜることでより使いやすい状態となります。

こちらの調整内容に関しては、勝率やデッキ、棋譜の状況などから俯瞰的に決定しています。個別の事象に対応するものではないのでご了承ください。

カード個別の調整に関しては、今後も全体的なバランスを加味して調整していきます。

 

今回のアリバトレターは以上となります。

運営チーム一同、アリバトファンの皆様が楽しみ続けられるものにしていきたいと考えておりますので、引き続きご支援をいただけますと大変励みになります。

これからの「HUNTER×HUNTER アリーナバトル」にご期待ください。よろしくお願いいたします。

運営チーム一同

コメント

- 記事をシェアする -

  • LINE

おすすめ記事

ランキング