記事

2020.06.01

チームアリバトレター【第三回】

  • LINE

「HUNTER×HUNTER アリーナバトル」をいつもプレイしていただき、ありがとうございます。

アリバト運営チームより、第三回チームアリバトレターを配信させていただきます。 本チームアリバトレターは、プロジェクトの現状と今後についてご報告いたします。 このレターを通して、運営の意図や取り組みについて少しでも知っていただけたら幸いです。

ゲームバランス調整に関して

アリバトでは、リリースから現在にかけて変化する環境を考慮し、全体のゲームバランスを考慮してルールの見直しを行っております。 今回はVer2.2.0にて行った後攻GPの調整と、今後行うバランス調整についてお話したいと思います。

後攻GPの調整について

Ver.2.2.0にて調整しました、後攻GPの調整についてご説明します。 まず、変更した内容については以下になります。

変更内容

【変更前】

バトル開始時、後攻の所持GP(グループポイント)は、使用デッキのGPが1個溜まった状態でスタートする

【変更後】

バトル開始時、後攻の所持GP(グループポイント)は、【フリー】のGP(無色のGP)が1個溜まった状態でスタートする

 

アリバトのルールでは通常、先攻後攻が同じ条件でバトルを始めた場合、先攻が有利になります。 一般的なカードゲームでは先攻1ターン目のカードは攻撃できない等、後攻が不利になりすぎないよう、ゲームの特性に合わせてバランスが取られているかと思います。 アリバトでも当初、後攻不利の対策として〈自グループのGPを初期から1個持っている状態〉をつくることで先攻後攻の勝率のバランスをとろうと考えていました。

しかし、GP理解が進んできたことで、勝率に乖離が起きている状況が生まれました。 過去のシーズン3のデータを参照すると、全体勝率でおおよそ以下のような勝率となっておりました。

 

・先攻勝率:43%

・後攻勝率:57%

 

後攻の勝率の方が高くなっていたことがこの数値からわかります。

運営チームとしては、先攻後攻という運で決まる要素で、有利不利がつかないようできる限り対等な環境を提供したいと考えています。

今回の調整は、この後攻の有利さを緩和し、先攻後攻の勝率の差を埋めるのが目的になります。

使用デッキのGPではなくフリーのGPになりますので、少々使い勝手は悪くなりますが、この対応により現在起こっている後攻が有利な状況は緩和でき、勝率の差が埋まるという見込みです。

それから、後攻GPのフリー化によって、影響が大きいグループと影響が少ないグループがあります。

そういう状態もあるので、この調整でまずは後攻優位の状態が緩和されると思いますが、それぞれのグループへの影響度なども見ていますし、必要に応じてGPコストの調整なども検討しています。

こちらについて、実際に更新後の勝率がどう変わったのか?は気になるところかと思いますので、今後データとして酒場のレポートもしくは今回のようなアリバトレター等でご報告できればと思います。

ちなみに、アップデート後の速報値になりますが、直近の先攻後攻の勝率はちょうど50%ずつに改善しておりました。

カードをひっくり返した際の追加ダメージの調整について

こちらについてはまだ対応前になりますが、先んじてご報告します。

今月末予定のアップデートにて、以下のような調整を行います。

変更内容

盤面でカードをひっくり返した際の追加ダメージ(ATKボーナス)値を変更。

【変更前】

・2枚:+1

・3枚:+10

・4枚以降:ひっくり返した枚数に応じて+10づつ加算

【変更後】

・2枚:+1

・3枚:+3

・4枚以降:ひっくり返した枚数に応じて+2づつ加算

第一回アリバトレターでも触れましたが、運営チームとしては、キャラ同士の思考戦の面白さが最大限楽しめる環境を提供したいと考えており、今回の調整はその環境を目指すためのものになります。 現状、3枚以上ひっくり返した際の追加ダメージ値が非常に大きく、ゲームに影響を与えていると考えております。

ATKボーナスは、カードのスキルだけでゲームが決してしまうことを防ぎ、盤面における駒の配置も勝敗に関与させるために調整した数値ではございましたが、プレイヤーの皆様のデッキの相性、カードが持つスキルや強化度合いに関わらず、盤面優位を取ることがゲームに勝つための大きなウエイトを占めている現状があります。

盤面の優位性を作り出すことは重要な要素ですが、カードそのものによるバトルの影響度とのバランスが少々悪くなっていると判断し、今回の調整を行うに至りました。

今回の調整は、追加ダメージ値を減少させることによってカードのバトルへの影響度を高めることにより、上記に記載したキャラ同士の思考戦によってより勝敗がつきやすくなるような調整になります。

例えば【287期受験生】グループは今回の調整で試験の条件を達成しにくくなる可能性がありますが、ATKを上げるスキルを持つカードの重要性がより高まり、バトルへの影響度が大きくなるものとなります。

つまり、プレイヤーの皆様が育てたカード、及びキャラがより活躍できる環境になることを狙いとしています。

変更内容だけみると、効果の下方修正のように見えますが、実際は提供したい環境を実現するための手段であることを、本アリバトレターにてご理解いただければと考えております。

本対応の具体的なアップデート日については、明確な日付が決まり次第ご報告できればと考えていますので、今後の情報をお待ち下さい。

今後の対応について

プレイヤーの皆様からいただいたご意見や、勝率等のデータやトレンドなど、随時確認はしております。

ゲームバランスの調整については、重要性や全体のバランスを考慮して検討していきます。

又、使用率・勝率で見るデッキタイプ最前線レポートのような開示できる情報は引き続き開示していきます。最前線レポートは各シーズン掲載予定になります。

今回のアリバトレターは以上となります。

また少し長くなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

運営チーム一同、アリバトファンの皆様が楽しみ続けられるものにしていきたいと考えておりますので、引き続きご支援をいただけますと大変励みになります。

これからの「HUNTER×HUNTER アリーナバトル」にご期待ください。よろしくお願いいたします。

 

運営チーム一同

コメント

- 記事をシェアする -

  • LINE

おすすめ記事

ランキング