記事

2022.05.20

使用率・勝率で見るデッキタイプ最前線レポート ~ランクマッチシーズン27~

  • LINE

『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』をプレイいただきありがとうございます。

4/1〜4/30までのランクマッチシーズン27のプレイ状況を調査し、人気デッキのレポートを作成いたしました。
是非、このデータを参考に勝てるデッキについて考察してみてください。

又、カードライブラリでは、たくさんのデッキパターンが投稿されています!こちらも活用して、強力なデッキ作成のヒントにしてください。

グループごとの使用率・勝率

全ランク帯

画像

第1位 幻影旅団 (-) 37.72%

第2位 蟻と闘う者 (-) 16.24%

第3位 マフィアンコミュニティー (-) 15.33%

第4位 ゾルディック家 (-) 9.20%

第5位 287期受験生 ▲1 9.06%

第6位 キメラアント ▼1 6.70%

第7位 G.I.プレイヤー (-) 4.42%

第8位 その他 (-) 0.73%

第9位 フリー (-) 0.60%

三ツ星ハンター

画像

第1位 幻影旅団 ▲1 41.37%

第2位 蟻と闘う者 ▼1 18.81%

第3位 マフィアンコミュニティー (-) 18.74%

第4位 ゾルディック家 (-) 7.58%

第5位 キメラアント (-) 5.23%

第6位 287期受験生 ▲1 4.29%

第7位 G.I.プレイヤー ▼1 3.23%

第8位 フリー ▲1 0.57%

第9位 その他 ▼1 0.18%

勝率

画像

今シーズンでは、幻影旅団の使用率が全ランク帯と三ツ星ハンター共に上昇していました。
3月末で実装した「幻影旅団 SS シャルナーク 強化するアンテナ」は大きな要因だと考えております。
全ランク帯の勝率と三ツ星ハンターの勝率については、先月とは異なり、マフィアンコミュニティーが1位になりました。上位3グループの勝率はかなり近い水準になっています。
4月末のアリバトフェスで実装した「287期受験生」「G.I.プレイヤー」「キメラアント」の新カードが環境に変化を与えることを期待しています。




グループごとのSSカード使用率ランキング

287期受験生

画像

第4位 ヒソカ:超人奇術師

第5位 レオリオ:逃げるなんて性に合わねぇ

第6位 クラピカ:旅団騙りへの憤怒

第7位 親父に会いに行くんだ

第8位 ヒソカ:冬の奇術師

第9位 ヒソカ:残虐の奇術師

第10位 キルア:疾風春雷

幻影旅団

画像

第4位 ウボォーギン&ノブナガ:死線の友

第5位 鎖野郎を探して

第6位 クロロ:氷雪の蜘蛛

第7位 盗賊の極意

第8位 シャルナーク:強化するアンテナ

第9位 マチ:超速技巧の縫合

第10位 ウボォーギン:大地を砕く拳

マフィアンコミュニティー

画像

第4位 クラピカ:戒めの楔

第5位 制約と誓約

第6位 クラピカ:ノストラード組 若頭

第7位 バショウ:燃やし尽くす俳句

第8位 ゼノ:生涯現役

第9位 ネオン:人体収集家

第10位 クラピカ:復讐劇の幕開け

G.I.プレイヤー

画像

第4位 ヒソカ:魅惑の変貌

第5位 ゴレイヌ:オレが3人分になる…

第6位 理不尽な交渉条件

第7位 ゴン:手負いの必殺

第8位 ビスケ:真の姿

第9位 桃色吐息

第10位 キルア:実験その2

キメラアント

画像

第4位 食べる程強くなる!!

第5位 ネフェルピトー:黒子舞想

第6位 コルト:忠実な師団長

第7位 シャウアプフ:粒子レベルの分身

第8位 レオル:渦潮の猛獣

第9位 自己修復能力

第10位 ネフェルピトー:修理する特殊能力

蟻と闘う者

画像

第4位 ゴン:約束の一時間

第5位 眩しき希望の光

第6位 ゴン:ジャジャン拳

第7位 カイト:気狂いピエロ

第8位 カイト:確実に射抜く銃弾

第9位 一言…

第10位 モラウ:煙牢の番人

ゾルディック家

画像

第4位 シルバ:父の威厳

第5位 ゼノ&シルバ:ツーマンセル

第6位 イルミ:致命の針

第7位 ゼノ:天照らす光龍

第8位 キルア:闇に潜む

第9位 溢れる独占欲

第10位 アルカ:光と闇

フリー

画像

第4位 漂流者じゃないだろう

第5位 パーム:実験兵士一号

第6位 ミトさんの手料理

第7位 ヒソカ:気まぐれな死神

第8位 ネテロ:ハンター協会会長

第9位 ヒソカ:偽りの旅団員

第10位 誓いのチュー




今シーズン「キメラアント」のTOP3に「SS  メルエム:この世の頂点」と「SS メルエム:答えを求めて」がランクインしました。
それ以外のグループのTOP3は大きな変動はないですが、来シーズンでは、新規実装カードやサポートカードの実装による環境変化と各グループの使用率の変化を注目していきます。

いかがでしたでしょうか?デッキづくりの参考にしていただければ幸いです。



今後とも『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』を宜しくお願いいたします。

コメント

- 記事をシェアする -

  • LINE

おすすめ記事

ランキング