記事

2022.01.21

使用率・勝率で見るデッキタイプ最前線レポート ~ランクマッチシーズン23~

  • LINE

『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』をプレイいただきありがとうございます。

12/1〜12/31までのランクマッチシーズン23のプレイ状況を調査し、人気デッキのレポートを作成いたしました。是非、このデータを参考に勝てるデッキについて考察してみてください。

又、カードライブラリでは、たくさんのデッキパターンが投稿されています! こちらも活用して、強力なデッキ作成のヒントにしてください。

グループごとの使用率

全ランク帯

画像

第1位 ゾルディック家(ー) 34.42%

第2位 幻影旅団(ー) 27.36%

第3位 マフィアンコミュニティー(▲1) 9.26%

第4位  G.I.プレイヤー(▲3) 7.97%

第5位 キメラアント (ー) 7.26%

第6位 蟻と闘う者(▼3) 6.52%

第7位 287期受験生(▼1) 6.17%

第8位 フリー (ー) 0.60%

第9位 その他(ー) 0.43%

三ツ星ハンター

画像

第1位 ゾルディック家(ー) 49.36%

第2位 幻影旅団(ー)     23.67%

第3位 G.I.プレイヤー(▲2) 8.08%

第4位 マフィアンコミュニティー(▲2) 6.57%

第5位 蟻と闘う者(▼2) 5.39%

第6位 キメラアント(▼2) 4.66%

第7位 287期受験生(ー) 1.77%

第8位 フリー(ー) 0.39%

第9位 その他(ー) 0.12%

「ゾルディック家」は実装から2か月目の使用率も1位でした。アリバトフェスで各グループに新カードの追加もあったため、使用率は先月より少し分散しましたが、「287期受験生」の使用率が一番低いのは少し気になります。 また今後は各グループ使用率のバランスが取れるようにしていきたいと考えていますので、新カードの追加をご期待ください。

グループごとの勝率

全ランク帯

第1位 ゾルディック家(ー) 60.34%

第2位 287期受験生(ー) 52.73%

第3位 幻影旅団(ー) 52.07%

第4位 キメラアント (▲1) 50.88%

第5位 G.I.プレイヤー(▼1) 50.13%

第6位  蟻と闘う者(ー) 48.53%

第7位 マフィアンコミュニティー(ー)48.38%

第8位 フリー(ー) 38.05%

第9位 その他(ー) 23.46%

三ツ星ハンター

第1位 ゾルディック家(ー)  58.84%

第2位 幻影旅団(ー) 48.18%

第3位  G.I.プレイヤー(▲1) 45.24%

第4位  蟻と闘う者(▼1) 41.27%

第5位 マフィアンコミュニティー(▲2) 39.21%

第6位  287期受験生(▼1) 39.16%

第7位  キメラアント(▼1) 39.03%

第8位 フリー(ー) 25.91%

第9位 その他(ー) 22.34%

先月に引き続き「ゾルディック家」は全ランク帯と三ツ星ハンターで1位という結果になりました。一方、その他のグループも勝率、使用率共に少し上昇しています。しかし、その他のグループには「ゾルディック家」と比べ不安定要素が存在しますので、今後はデッキの安定性を中心に改善を行っていく予定です。

グループごとのSSカード使用率ランキング

287期受験生

第1位 キルア:類まれなる暗殺技術

第2位 キルア:末おそろしい闇の才能

第3位 ゴン:完璧な狩りの瞬間

画像

マフィアンコミュニティー

第1位 ネオン:百発百中の占い師

第2位 制約と誓約

第3位 クラピカ:復讐劇の幕開け

画像

幻影旅団

第1位 クロロ:蜘蛛の頭

第2位 フェイタン:痛みを返すぜ

第3位 フェイタン:冷酷なアサシン

画像

G.I.プレイヤー

第1位 合体!

第2位 ヒソカ:魅惑の変貌

第3位 理不尽な交渉条件

画像

キメラアント

第1位 食べる程強くなる!!

第2位 メルエム:この世の頂点

第3位 ラモット:抑えきれない衝動

画像

蟻と闘う者

第1位 ネテロ:これまでの全て

第2位 ゴン:約束の一時間

第3位 ゴン:ジャジャン拳

画像

ゾルディック家

第1位 キルア:閃光の突槍

第2位 ゴトー:誇り高き執務

第3位 針人間

画像

フリー

第1位 レオリオ:超新星

第2位 コムギ:無敗の軍儀王

第3位 ミトさんの手料理

画像

今シーズンは前シーズンに比べて、ほとんどのグループでTOP3の順位が変動していました。順位変動の中には、防御系や回復系のカードが上位になる傾向も少し見られました。1月14日のアリバトフェスで実装した「クロロ:密室遊魚」と「カイト:気狂いピエロ「4」」はどのような環境変化を起こすのか楽しみです。

いかがでしたでしょうか?デッキづくりの参考にしていただければ幸いです。

今後とも『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』を宜しくお願いいたします。

コメント

- 記事をシェアする -

  • LINE

おすすめ記事

ランキング