記事

2020.07.08

使用率・勝率で見るデッキタイプ最前線レポート ~ランクマッチシーズン5~

  • LINE

『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』をプレイいただきありがとうございます。

6/1~6/30までのランクマッチシーズン5のプレイ状況を調査し、人気デッキのレポートを作成いたしました。 是非、このデータを参考に勝てるデッキについて考察してみてください。

又、カードライブラリでは、たくさんのデッキパターンが投稿されています! こちらも活用して、強力なデッキ作成のヒントにしてください。

カードライブラリ

グループごとの使用率

全ランク帯

画像

第1位:幻影旅団 35.7%

第2位:287期受験生 27.7%

第3位:G.I.プレイヤー 23.6%

第4位:マフィアンコミュニティー 12.6%

第5位:その他 0.4%

三ツ星ハンター

画像

第1位:G.I.プレイヤー 32.6%

第2位:287期受験生 26.8%

第3位:幻影旅団 26.6%

第4位:マフィアンコミュニティー 13.8%

第5位:その他 0.3%

グループの使用率は前回結果とそれほど変わらずでした。未だ人気はありつつも、全体で幻影旅団の使用率が3%ほど低下したこと、三ツ星ハンターでのマフィアンコミュニティーの採用率が3%ほど上昇したことが挙げられます。

マフィアンコミュニティーの増加に関してですが、前回のアリバトフェスでクラピカデッキが強化されたことが今回の結果に繋がっているように思います。お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、6月よりカード追加が月中でも行われるようになりました!マフィアンコミュニティーに限らず、各グループをサポートするカードを今後も随時投入していきますので楽しみにお待ちいただければと思います。

画像

グループごとの勝率

全ランク帯

第1位:G.I.プレイヤー 53.23%

第2位:287期受験生 53.03%

第3位:幻影旅団 49.40%

第4位:マフィアンコミュニティー 49.37%

第5位:その他 28.28%

三ツ星ハンター

第1位:G.I.プレイヤー 54.83%

第2位:287期受験生 53.18%

第3位:マフィアンコミュニティー 48.12%

第4位:幻影旅団 45.83%

第5位:その他 27.13%

勝率については前回と比較して目立った変化は見られませんでした。新グループのG.I.プレイヤーが流行していることや、287期受験生の条件が達成しやすいことによる勝率の高さが目立ちます。

次のシーズンでは新たにキメラアントが実装される他、同タイミングで行ったバランス調整も行われますので、こちらの勝率も変わってくるかと思われます。

グループごとのSSカード使用率ランキング

287期受験生

第1位:キルア 類まれなる暗殺技術

画像

第2位:完璧な狩りの瞬間 ゴン

画像

第3位:逃げるなんて性に合わねぇ レオリオ

画像

マフィアンコミュニティー

第1位:百発百中の占い師 ネオン

画像

第2位:復讐劇の幕開け クラピカ

画像

第3位:野の春

画像

幻影旅団

第1位:蜘蛛の頭 クロロ

画像

第2位:信じて受け止めてくれる? パクノダ

画像

第3位:冷酷なアサシン フェイタン

画像

G.I.プレイヤー

第1位:手負いの必殺 ゴン

画像

第2位:実験その2 キルア

画像

第3位:魅惑の変貌 ヒソカ

画像

採用率の高いカードにG.I.プレイヤーのヒソカがランクインしました。先月新たに追加されたカードですが、やはり髪をかき上げるヒソカの魅力と、GPコストが安く使いやすい点が評価されているようです。

 

いかがでしたでしょうか?皆さんのデッキづくりの参考にしていただければ幸いです。

今後とも『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』を宜しくお願いいたします。

コメント

- 記事をシェアする -

  • LINE

おすすめ記事

ランキング