記事

2020.05.08

使用率・勝率で見るデッキタイプ最前線レポート ~ランクマッチシーズン3~

  • LINE

『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』をプレイいただきありがとうございます。

4/1~4/30までのランクマッチシーズン3のプレイ状況を調査し、人気デッキのレポートを作成いたしました。 是非、このデータを参考に勝てるデッキについて考察してみてください。

又、カードライブラリでは、たくさんのデッキパターンが投稿されています! こちらも活用して、強力なデッキ作成のヒントにしてください。

カードライブラリ

グループごとの使用率

全ランク帯

画像

第1位:幻影旅団 43.7%

第2位:287期受験生 27.2%

第3位:G.I.プレイヤー 15.0%

第4位:マフィアンコミュニティー 13.7%

第5位:その他 0.5%

三ツ星ハンター

画像

第1位:幻影旅団 34.4%

第2位:287期受験生 27.5%

第3位:G.I.プレイヤー 24.4%

第4位:マフィアンコミュニティー 13.6%

第5位:その他 0.02%

全体でも三ツ星ハンターでも、デッキ使用率は幻影旅団が人気ですね。

これはただ幻影旅団がゲーム上強い、ということではないことが後述の勝率からも明らかで、やはり幻影旅団メンバーそれぞれの【かっこよさ】が人気を押し上げている要因ではないでしょうか。

又、今回新規で追加されたG.I.プレイヤーの三ツ星での採用率は新規で登場したにも関わらず約25%と比較的高い確率で使われています。

全ランク帯ではまだ使用率が低い状況ですが、とても強いカードが揃っています。

G.I.プレイヤーカードはショップで販売している「G.I.プレイヤーパック」を購入すると比較的早くデッキを揃えることができます。

画像

このパックは、運営としてもG.I.プレイヤーで戦うために有用なカードを選抜していれてますので、揃えるだけで勝率に影響するのではないかと思います。

グループごとの勝率

全ランク帯

第1位:287期受験生 51.24%

第2位:マフィアンコミュニティー 50.42%

第3位:幻影旅団 48.76%

第4位:G.I.プレイヤー 48.74%

第5位:その他 20.55%

三ツ星ハンター

第1位:G.I.プレイヤー 54.51%

第2位:287期受験生 51.99%

第3位:マフィアンコミュニティー 49.84%

第4位:幻影旅団 47.51%

第5位:その他 3.72%

グループ毎の勝率は、前回記事の際とは結果が変わってきていますね。

全ランク帯ではマフィアンコミュニティーを抜いて、287期受験生がほんの少しですが勝率が上がっていますね。とはいえ、フリーを除いた勝率は48-51%となっており、極端に勝率が高いor低いような状態ではないので、来月また順位が変動することは十分にありそうです。

三ツ星ハンターでは、新たに登場したG.I.プレイヤーの勝率が高いようです。全体勝率を見てもわかる通り、G.I.プレイヤーの勝率が極端に高いわけではないのですが、新環境を使いこなし勝利を掴み取る凄腕が三ツ星ハンターには多いということがわかる結果かと思います。こちらについては、今月G.I.プレイヤーが環境として流行ったという点もあると思いますので、来月の動きにも注目していきたいところです。

グループごとのSSカード使用率ランキング

287期受験生

第1位:完璧な狩りの瞬間 ゴン

画像

第2位:旅団騙りへの憤怒 クラピカ

画像

第3位:逃げるなんて性に合わねぇ レオリオ

画像

マフィアンコミュニティー

第1位:復讐劇の幕開け クラピカ

画像

第2位:百発百中の占い師 ネオン

画像

第3位:流離の大俳人 バショウ

画像

幻影旅団

第1位:蜘蛛の頭 クロロ

画像

第2位:超速技巧の縫合 マチ

画像

第3位:盗賊の極意

画像

G.I.プレイヤー

第1位:実験その2 キルア

画像

第2位:手負いの必殺 ゴン

画像

第3位:便利な能力? ビスケ

画像

カードの使用率は、それぞれのグループの特色を活かした効果を持つカードが多くランクインしています。287期受験生のゴンは、[試験]を合格してだせる追加ダメージを含めると強力なフィニッシャーですし、幻影旅団のクロロは、GPを増やして戦う幻影旅団グループにはなくてはならない存在、まさに蜘蛛の頭。などデッキへのキーとなるカードがやはり上位にランクインしている状態です。

これらは運営チームとしても強いと言えるカードがランクインしていると思っています。是非このデータを参考にデッキ構築のヒントにしてみては如何でしょうか。

いかがでしたでしょうか? G.I.プレイヤーデッキも加わり、よりデッキ構築に悩まれると思いますが、皆さんのデッキづくりの参考にしていただければ幸いです。 今後とも『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』を宜しくお願いいたします。

コメント

- 記事をシェアする -

  • LINE

おすすめ記事

ランキング