攻略

2019.12.13

【基礎講座】「能力」と「コンボ」を活用しよう!

  • LINE

今回は「能力」と「コンボ」についてご紹介します。この2つは、バトルの局面を大きく左右する要素です。上手に活用して勝利を掴みましょう!

キャラカードの能力

キャラカードの中には能力を備えているものがあります。能力はキャラカードを手札から盤上に出した際に条件を満たせば発動し、その効果は様々です。

能力が持つ効果の一例

  • 攻撃力アップ/ダウン:キャラカードの攻撃力(ATK)を増加/減少する能力
  • 召喚:盤面にキャラカードを召喚する能力
  • カード操作:新たなカードを生成する、手札のカードを捨てる・デッキに戻すなど、カードを操作する様々な効果を与える能力

アニメの世界観そのまま!ユニークな能力を持つカード

キャラカードの中には、アニメ「HUNTER×HUNTER」のストーリーや設定に着想を得て開発された能力を持つものが存在します。ここでは2つのキャラカードをご紹介します!

ネオン:天使の自動筆記(ラブリーゴーストライター)

画像

「[百発百中の占い師]ネオン」は、4ターンの間、自分のターン開始時に次に引くカードを占う。という能力。発動後4ターンは最初に引いたカードを確認し、そのカードを手札に加えるか、捨てて新たなカードを1枚引くかを選択します。的中率100%の予知 予言を自在に駆使すればバトルを有利に進めることができそうですね!

シャッチモーノ:縁の下の11人(イレブンブラックチルドレン)

画像

「[風船黒子の召喚]シャッチモーノ」は、盤面にある自分の空カードをランダムに11枚、「風船黒子/自動操作人形」にする。という能力。発動すれば、フランクリンたちに襲撃されたアニメのシーンさながらに、盤上を風船黒子が埋め尽くします!

「HUNTER×HUNTER」の世界観を楽しめるだけでなく、他のカードが持っていない独自の能力でゲームを有利に進められそうですね!

キャラカードのコンボ

コンボは、すでに盤上に置かれて表になっているキャラカードが、新たに配置されたキャラカードと相手のカードを挟んでひっくり返したときに発動する効果です。相手にダメージを与える、自分のダメージを回復するなどの効果があります。

コンボの条件を満たした時、発動するのはすでに盤上に置かれていたカードのコンボ効果で、手札から新たに配置されたカードのコンボ効果ではありません。盤上に配置されたカードは、いつ相手にひっくり返されてもおかしくない状況です。そのためコンボを有効活用したいキャラカードは、配置するマスをよく考えて出す必要があります。

GPコスト不足だと能力やコンボが発動しない!

能力やコンボを持ったキャラカードを使う上で注意したいのがGPコストです。

能力の場合、カードごとに設定されている必要なGPコストを満たさないままカードを盤上に出すと、条件を満たしていても能力が発動しません。またコンボの場合は、新たに置かれたキャラカードが必要なGPコストを満たしていない場合、コンボが発動しません。

画像

上の画像のように手札のカードは必要なGPコストを満たすと青く光るので、盤上に出す前に必ず確認しましょう。(GPコストについて詳しく知りたい方は こちら の記事をご覧ください。)

基本情報は長押しで確認!

画像

カードの基本情報はデッキ編成画面やバトル画面など色々な場面で確認することができ、ほとんどの画面でカードアイコンを長押しすることで詳細な情報を表示することができます。デッキ編成時やバトル中に戦略を練る時、参考にしてくださいね!(カードの基本情報について詳しく知りたい方は こちら の記事をご覧ください。)

これからも「HUNTER×HUNTER アリーナバトル」を応援よろしくお願いします。

コメント

- 記事をシェアする -

  • LINE

おすすめ記事

ランキング