記事

2020.03.15

新グループ「G.I.プレイヤー」レンタルデッキ紹介!【第2弾】

  • LINE

『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』をプレイいただきありがとうございます。

3/16(月)12:00より開催のG.I.先行プレイバトルイベントで使用できる、新グループ「G.I.プレイヤー」のレンタルデッキを紹介します。 レンタルできる「G.I.プレイヤー」のデッキは2種類あり、今回紹介するデッキは、「爆弾魔デッキ」です。

※もう1種類のデッキ「G.I.プレイヤーデッキ」はこちら

爆弾魔デッキとは

画像

爆弾魔デッキは、盤面に爆弾を生成して大ダメージを狙っていくデッキです。

G.I.編のゲンスルーのように「爆弾」の爆発ダメージによる脅威をちらつかせながら盤面を支配でき、爆弾魔(ボマー)を感じられる体験ができます。

「爆弾」とは

「ゲンスルー」が持つ能力「爆弾」は、盤面にある自分の空カードにランダムで生成され、ターン経過によってプレイヤーに特殊ダメージを与える効果を持っています。

そのため、相手プレイヤーは盤面の有利を捨てて「爆弾」をひっくり返してダメージを防ぐか、ダメージを覚悟で盤面の有利を取るかの2択を迫られます。このように、相手に引くに引けない状況を強要することで、爆弾魔デッキのプレイヤーはHPまたは盤面での有利をとりやすくなります。

また、生成される爆弾はゲンスルーの念能力「命の音(カウントダウン)」をイメージしており、爆弾Aは起爆までのカウントが短い代わりにダメージが低く、爆弾Bはカウントが長い代わりに高いダメージを与えることができるのが特徴となっています。

画像

爆弾魔デッキでの戦い方

爆弾魔デッキでポイントになるのが、「ゲンスルー」のキャラカードになります。

このデッキに採用されている「ゲンスルー」はレアリティがSS・S・A・Bの全てのカードで、【盤面にある自分の空のカードをランダムにX枚、「爆弾A / 爆弾魔の念能力」(または「爆弾B / 爆弾魔の念能力」)にする。】という能力を持っており、自分の盤面の空カードを「爆弾」に変えることができます。

画像

この能力を有効に発動できるようにするためには、盤面に自分の空カードを用意しておく必要があります。

序盤はキャラカード「バラ」や「サブ」のように配置から1ターン後に空カードになるキャラカードを使い爆弾を増やせるように、盤面を空けておきましょう。

画像

「S バラ:割に合わない交換」や「S サブ:割に合わない交換」はGPコストが0でありながら、ATKが13(ATK Lv.MAX時)と高めに設定されているので、序盤のダメージも出しやすくなっています。

盤面に空カードが用意できた中盤以降はゲンスルーを使い盤面に爆弾を生成していきましょう。

爆弾生成後から終盤までは、爆弾を相手にひっくり返されないように盤面をコントロールすることで、爆発による大ダメージを与えることができます。

画像

いかがでしたでしょうか?

「爆弾魔デッキ」は相手の定石を崩しながら追い詰めるので、同じような展開になりにくく、ハラハラしたゲームを楽しめると思います! このデッキは、3/16(月)12:00より開催されるバトルイベントにて先行プレイできます!

画像

是非、爆弾魔デッキを使ってイベントに参加してみてください!

今後とも『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』を宜しくお願いいたします。

コメント

- 記事をシェアする -

  • LINE

おすすめ記事

ランキング